検索
  • kazumipiano119

脱力

私は、生徒にも、そして審査員をしているときの出場者への講評にも、とにかく「力を抜きましょう」と言ったり書いたりする。  とにかく「脱力」が大切。 特に女の子は。 男子は力ずくで弾けたりするが、女子はそういうわけにはいかない。 力を抜かないと、「早く」も「強く」も弾けない。 そして「弾き続けられない」。 ところが、「力を抜いて弾けてる子」のなんと少ないことか。 最初が肝心なのだ。 途中から「抜きなさい」と言ったって、どうすれば抜けるのかが分からないのだから。 幼いとき、ピアノを習い始めるときに、どうぞ「力を抜きながら弾く」くせをつけてほしい。 もちろん途中からでも抜けるが、なかなか本人にとっては大変な苦労なのだ。


10回の閲覧

09015933640

©2020 by 芦屋朝日ヶ丘ピアノ教室。Wix.com で作成されました。